管理職の適性(向き・不向き)

管理職転職TOP >> 管理職の転職の基礎 >> 管理職の適性(向き・不向き)

管理職の適性(向き・不向き)

管理職は様々なスキルを求められます。従業員をマネジメントし、部署やオフィスをまとめる役割を担いますので、職場によっては向き・不向きが分かれます。管理職に向いているかは個人によって異なりますが、不向きだった場合、ストレスだけが溜まってしまい、最終的に退職してしまうリスクもあります。このため、管理職へ転職する際は自分で向き・不向きを判断することも大切です。

管理職に向いている方は主に責任感が強い方です。特に責任感が強くなければ、管理職の仕事に苦痛を感じてしまうことが多くなるでしょう。何故なら、管理職の多くは各部署・オフィスのリーダーである一方、責任者でもあります。自分はもちろんのこと、部下が仕事でミスをした時などは、管理職が責任を負うことになります。責任の所在を明らかにする役割もありますが、最終的に全ての責任を負うため、責任感の強い方が管理職に向いていると言えるでしょう。

また、コミュニケーション力に長けている方も管理職に向いています。日頃から部下とのコミュニケーションを取り、時にはフォローへ回ることもありますので、人間関係を大切にする方が管理職に適しています。また、日々のコミュニケーションを通じて、管理職は部下の適正な管理・評価を行います。そのため、マネジメント能力に長けている方も管理職向きです。リーダーシップを発揮し、従業員をまとめる力が求められます。

一方、あまり管理職に向いていない方もいます。特に部下の責任を取りたくない方や、コミュニケーションが苦手な方には、管理職の仕事は不向きと言って良いでしょう。このような管理職も決して少なくはありませんが、部下から良い上司と思われず、業務に支障が出てしまったり、人間関係で悩むことになるおそれがあります。特にコミュニケーションが苦手な方は、部下への適切な仕事の割り振りや、適正な評価ができなくなるリスクがあるため、管理職は避けたほうが良いでしょう。

ただし、管理職が向いているか否かは、各個人の考え方やスキルによって大きく変わります。向いていないと自分で考えていても、管理職として働く中で意識が変わり、やりがいを見出したり、管理職に転職して正解だった、と感じるようになる方も中にはいます。向き不向きは、あくまで一つの基準でしか無く、働いてみないと分からない場合もあります。管理職に興味がある一方、自分に適性があるか分からない方は、管理職の転職にチャレンジしてみるのも良いでしょう。

管理職の転職は大手サイトが全てフォローします!

リクルートエージェント
利用料金 全て無料
転職可能エリア 全国ok
管理職への強み ☆☆☆☆☆
公式サイト 詳細

Copyright (C) 2013-2017 管理職転職サイトランキング All Rights Reserved.