管理職の転職の面接

管理職転職TOP >> 管理職の転職の基礎 >> 管理職の転職の面接

管理職の転職の面接

30歳くらいまでは若手として採用されることが多くありますが、ある程度経験を積んだ年齢になると管理職の求人を探して転職活動をするという人もいるでしょう。そのときには、若手の時のような育成を前提としているものではなく、即戦力として期待される立場になっているというわけです。ですから、書類選考や面接などでは、それまでの実績などが評価されるという点を頭に入れておく必要があります。もちろん、スキルや知識といった点も同様です。

それまでにどれだけの実績があるのか、どういったスキルを持っているのか、どれだけの知識があるのかといったことをアピールすることで、自分のことを知ってもらうようにするのがいいでしょう。ただし、プレゼンテーション能力というものも求められていると考えられるので、しっかりと整理して話をするということも重要になります。面接のときに聞かれたことだけを答えるのも重要ですが、そこで自分のアピールの仕方を考えておくという人もいます。

たとえば、自分の短所や仕事での失敗談などを聞かれたときに、それをプラスの話に転換して自己PRをするという方法です。こういった失敗を経て、さらに自分が成長できるように努力してきたといったような話の組み立てで、その後の実績をアピールするというわけです。短所の話をするときにも、それを自覚したうえでどのような努力や注意をしてきたのかという話に持っていくという方法もあります。定型文にならないように工夫することも大切です。

また、管理職の転職ではコミュニケーション能力も重要な評価ポイントになることが多くあります。これは、中間管理職と呼ばれるように、上司と部下のあいだに立って調整をしていく立場になるからです。上司となる立場の人がつくった計画を実行するために部下を効果的に動かすことが求められるため、上司、部下との両方のあいだを行き来することになります。単純なトップダウンにならないように、円滑に仕事を進めることができるコミュニケーション能力が大切なのです。

そして、実績をアピールするときにも、自分がどのような工夫をして、どういったことを学んだのかといった点を分析しておくことも大切になります。単に「これこれこういったことをしました」というだけのエピソードではなく、成功にいたるまでの経緯なども交えて自分の考え方を伝えられるようにしておくことも大切です。管理職の転職の面接というのは、若手時代のもとは違い、より実戦的な能力が求められてくるのだというわけです。

管理職の転職は大手サイトが全てフォローします!

リクルートエージェント
利用料金 全て無料
転職可能エリア 全国ok
管理職への強み ☆☆☆☆☆
公式サイト 詳細

Copyright (C) 2013-2018 管理職転職サイトランキング All Rights Reserved.