管理職の転職と資格

管理職転職TOP >> 管理職の転職の基礎 >> 管理職の転職と資格

管理職の転職と資格

管理職の転職で評価される資格というのは、どういった業界で働くかによっても違いがあるとも言えますし、共通で評価してもらうことができる資格もあります。たとえば、TOEICなどは業界や業務内容によっては大きく評価してもらうこともできますし、反対にそれほど重視されないこともあるでしょう。外資系や商社、貿易関連会社、海外進出をしている企業などでは高く評価されたり、採用の条件に含まれていることもある資格だと言っていいでしょう。

TOEICは英語の総合的な能力を評価する試験になるので、管理職の場合は600点以上が求められるという会社もあります。海外との仕事や英語力を活かした仕事をしたいと考えている人などは、一定水準以上の点数を持っていれば良いアピール材料となるはずです。ただし、業界によってはあまり効果的なアピールにならないこともあるでしょう。そのときには、その業界や業務内容に合った資格を取得しているほうが採用には有利になるのだというわけです。

とくに専門性の高い資格などは、採用の際に評価の対象となることがあります。技術関係の仕事などでも同じことが言えます。また、業界によらず評価してもらうことができる管理職の資格として、ビジネスキャリア検定試験というものがあります。これは、管理者としての知識を評価してもらうことができる試験になります。職場のなかで責任のある立場となる人に求められる実戦的な能力や知識が試される内容になっていると言っていいでしょう。

ビジネスキャリア検定試験は3級から1級までがありますが、労務管理や経理、財務管理、マーケティング、人材開発、営業といった様々な分野の問題が出題されます。ロジスティクス・オペレーションや生産管理プランニング、経営戦略、情報システムなどの知識も試されます。難易度が級によって上がってくるので、自分の能力に合わせて取得していくのがいいでしょう。受験資格はとくにないので、誰でも受験することができます。テキストで勉強もできますし、スクーリングをしている人もいます。

ビジネスキャリア検定試験は、厚生労働省の認定を受けている試験になっているので、管理職の転職のときには役に立つのだと言っていいでしょう。そのほか、近年では中間管理職に求められるコミュニケーションスキルを磨くためにカウンセラーの資格が注目されています。上司と部下のあいだでパイプ役になることから、聞き役としての能力や、相手に話を聞いてもらう能力、あるいはアドバイスをする能力など、カウンセラーと重なる部分があるからです。

管理職の転職は大手サイトが全てフォローします!

リクルートエージェント
利用料金 全て無料
転職可能エリア 全国ok
管理職への強み ☆☆☆☆☆
公式サイト 詳細

Copyright (C) 2013-2018 管理職転職サイトランキング All Rights Reserved.