管理職の転職と転勤

管理職転職TOP >> 管理職の転職の基礎 >> 管理職の転職と転勤

管理職の転職と転勤

年度末になると、各企業のオフィスは人事異動で慌ただしくなります。異動によって部署が変わることは珍しくありませんが、支店や支社への配置転換が命ぜられ、転勤が必要になることもあります。特に管理職の場合、転勤が多い企業も中にはあるため、転職時にはある程度意識しておかなくてはいかないでしょう。企業によっては転勤を断ることも不可能ではありませんが、今後の人事評価などにも影響するため、判断は慎重に行う必要があります。

ただし、転職の有無は企業の規模によって大きく変わります。例えば特定の地域でのみ事業展開する企業の場合、同一都道府県内にあるオフィスの配置転換のみで済むこともありますし、そもそも他のエリアに営業所や支社が無い企業も存在します。逆に全国展開する企業は、管理職の転勤を命じる場合も珍しくはなく、グローバル展開している企業の場合は海外赴任の可能性も残されています。

転勤が決まると様々な業務を行う必要があります。まず現在の職場での引き継ぎを実施しなくてはいけません。自身の部下や新たに赴任する担当者へ仕事を引き継ぎ、転勤後の業務に支障が出ないよう努めることが大切です。特に管理職が担う役割・業務が広範に渡る場合もあるため、引き継ぎ忘れには注意が必要になるでしょう。

また、新たな配属先とのやり取りも忘れてはいけません。前任者からの業務引き継ぎはもちろん、部署の役割や大まかな仕事内容の確認、職場の雰囲気や現在抱えている問題・トラブル等についてもヒアリングが必要です。配属先のアウトラインだけでなく、細かな点までしっかりヒアリングを行いましょう。前任者からの引き継ぎが十分でなければ、配属先で新たな問題を引き起こすおそれがあります。

転勤は自分の部下が変わることも意味します。転勤後は新しい部下たちと日々仕事をすることになりますが、必ず一人ひとりと面談を行ったり、ミーティングする時間を設けましょう。管理職は部下の役割やスキルを把握し、円滑に業務が行えるよう努めなくてはいけません。部下の抱える不満や職場の問題を明確にし、改善に向けて行動することも管理職の役割だからです。

管理職の転勤は、数年間その職場に配属されることも珍しくありません。転勤まで時間が少ない場合もありますが、転勤後はすぐ業務に取り掛かれるよう、入念に準備をする必要があります。特に引き継ぎやヒアリングは重要ですので、時間をかけて実施するようにしましょう。

管理職の転職は大手サイトが全てフォローします!

リクルートエージェント
利用料金 全て無料
転職可能エリア 全国ok
管理職への強み ☆☆☆☆☆
公式サイト 詳細

Copyright (C) 2013-2018 管理職転職サイトランキング All Rights Reserved.