管理職の転職の履歴書

管理職転職TOP >> 管理職の転職の基礎 >> 管理職の転職の履歴書

管理職の転職の履歴書

管理職として転職を希望している人は、自分の能力や実績をアピールしていくことになります。そのときには、履歴書や職務経歴書も、自分のことを伝える重要なツールとなります。多くの場合は書類選考があるので、まずはそこで自分が何者であるかを就業希望先に伝えることになります。そのときに、単なる自分の履歴ではなく、自分になにができるのかという効果的な自己アピールができるようにしておきたいものなのです。

たとえば、職歴を知ってもらうことも重要です。自分がどういった仕事をしてきたのかを伝えることができますし、そのなかで就業希望先の業務と重なる部分があれば、当然その点をアピールしていくことになるでしょう。そして、スキルや実績といったことも大切です。どういったことができるのか、どういったことをしてきたのかといった点を相手に知ってもらうことができる重要なポイントです。履歴書と職務経歴書はセットで考えるようにしましょう。

また、履歴書では伝えきれない要素を職務経歴書で補っていくことも重要です。履歴書にはそれまでの職歴などを簡単に紹介して、そのなかで実際にどのようなキャリアを積んできたのかを職務経歴書で説明するといった形になります。ですから、職務経歴書では、単なる履歴でなく、そのなかで自分がなにを考えて、どのように業務を遂行してきたのかを伝えることになります。管理職ならば、マネジメント能力や戦略的な思考などをアピールすることになります。

さらに、仕事をするときになにを重視しているのか、部下との関係はどうか、指導の仕方や方法は、といったこともアピールできるポイントとしてあげることができます。プロジェクトを成功に導いた実績も重要ですが、そのなかで自分がなにをしてきたのかといった点を知ってもらうことで、自分の能力やスキルのアピールになるというわけです。その点が抜けていると、若年層の採用のときと変わらない履歴書や職務経歴書になってしまいますよね。

プロジェクトの実績を知ってもらうときにも、そのときになにを考えて、どのように行動に移したかを記載しておく工夫も必要です。「どういった分析をして」「なにを考えて」「どうのような戦略を立てて」「実際にどういった行動をしたのか」といったポイントを整理して、その結果としての「成果」をアピールすればいいのです。職歴が長い人は、アピールしたいポイントを絞ることも大切になります。あれもこれもと詰め込んでしまうと、一番肝心なところが曖昧になってしまうこともあるからです。

管理職の転職は大手サイトが全てフォローします!

リクルートエージェント
利用料金 全て無料
転職可能エリア 全国ok
管理職への強み ☆☆☆☆☆
公式サイト 詳細

Copyright (C) 2013-2018 管理職転職サイトランキング All Rights Reserved.