管理職の転職の自己PR

管理職転職TOP >> 管理職の転職の基礎 >> 管理職の転職の自己PR

管理職の転職の自己PR

管理職の求人に応募するときには、自己PRもそれに合わせて工夫していくことが重要です。もちろん、若い世代の転職活動と同様に、自分になにができるのかをアピールすることが大切です。しかし、そのなかではそれまでの実績や、スキルなども重要な評価の対象となるのです。とくにコミュニケーション能力や指導力、実務能力などは、しっかりと伝えておきたい要素となります。一から教えて育成していくという採用ではなく、即戦力としての働きが期待されています。

ですから、自分に何ができるのか、どういった貢献ができるのかを上手にアピールしていくことになるというわけです。そこでは、具体的に何人の部下を統率してきたのか、どういったプロジェクトを成功させてきたのか、そのときにどういった指導や工夫をしてきたのかといった点を細かく整理しておくことになります。自分がこうやったというだけでなく、部下をどのように導いてプロジェクトを成功させたのかといった点も良い自己PRのポイントになるでしょう。

また、過去の実績やスキルばかりをアピールするのではなく、失敗談なども交えてそこから学んだことを伝えていくのもいいでしょう。自分の自慢話ばかりになってしまうと印象がよくありませんし、転職先では管理職でも新しく入ってきたという意味では新入社員になります。ですから、謙虚で前向きな姿勢もアピールしておきたいものなのです。採用する側がどういった人材を求めているかを考えて、それに合った自分のなかの要素を伝えることが重要です。

それまでの管理職としてのキャリアが長いという人は、実績を整理しておくことも大切です。長々とキャリアを披露するというのではなく、アピールしたいポイントやエピソードを絞っておくことも大切になります。そのときに、相手が求めている人材像と重なるポイントをピックアップするというわけです。的はずれな内容でいくらアピールしても効果は薄くなってしまいます。能力に自信がある人も、どこがポイントなのかを見極めるようにしておきましょう。

そして、一般的によく言われている管理職に求められる能力としては、物事を戦略的に進めることができる能力、同時並行でスケジュール管理をしていくことができる能力、組織で働くことができるコミュニケーション能力、さらに決断力があげられます。これらは、転職活動をしていくなかでもアピールしておきたい要素となります。管理職として働いていくときに欠かせないものになるので、当然相手が求める人材像とも合致することになるでしょう。

管理職の転職は大手サイトが全てフォローします!

リクルートエージェント
利用料金 全て無料
転職可能エリア 全国ok
管理職への強み ☆☆☆☆☆
公式サイト 詳細

Copyright (C) 2013-2018 管理職転職サイトランキング All Rights Reserved.