管理職の転職とスキルマップ

管理職転職TOP >> 管理職の転職の基礎 >> 管理職の転職とスキルマップ

管理職の転職とスキルマップ

スキルマップとは、各オフィス・部署などにおける従業員のスキルを管理するための表を言います。各従業員が持つ各々のスキルをひと目で確認することができるツールであり、これを基に本人に適した業務を指示したり、適正な人材の配置を行ったりする際に役立ちます。また、従業員ごとの能力を確認する際にも便利なツールで、人事評価の際にも欠かせないツールと言えるでしょう。特に円滑なマネジメントを行う上で重要な役割を担います。

管理職へ転職する場合、このスキルマップ熟知し、なおかつ活用できる能力が求められます。管理職にとってのスキルマップは非常に重要なツールの一つであり、活用方法次第で業務に影響を与えると言っても過言ではありません。活用ができれば円滑な業務と部署の効率化も不可能ではありませんが、逆に活用できなければ、部下や従業員の能力を把握できず、適切な仕事を割り振ることすら難しくなると言っても良いでしょう。スキルマップはそれほど管理職に大切なツールであり、欠かせない役割を持っているのです。

なぜスキルマップがそこまで重要なのか、と疑問が湧くかもしれませんが、管理職は自身の部下を始め、配属された部署に在籍する各従業員の管理をする必要があるからです。管理職の仕事はマネジメントスキルが求められますが、部署の規模が大きくなるほど管理が必要な従業員も増加し、その結果、適切な管理や状況の把握ができなくなり、マネジメントそのものに支障をきたしてしまうおそれがあるのです。

従業員のスキルを把握できないと、各個人のスキルに適した仕事を割り振れなくなり、業務や売上に影響が出るリスクがあります。また、適正な人事評価が不可能になる可能性も潜んでおり、最終的には自身の評価にも影響します。いくらマネジメントスキルに秀でていたとしても、部下や従業員らのスキルを把握していなければ、このような事態になることも無いとは言えないでしょう。

こうした事態を防ぎ、効率をアップさせる役割を担うのがスキルマップです。従業員のスキルを視覚化し、定期的に確認することで、部署やオフィスで円滑に業務を行えるようになります。また、個人面談やミーティング通じて、現状の確認や伸ばすべきスキルを提案するなど、人材育成の面においても大きなメリットを与えます。企業によってはスキルマップを導入していないケースもありますが、転職前に使い方や役割を把握しておくと良いでしょう。

管理職の転職は大手サイトが全てフォローします!

リクルートエージェント
利用料金 全て無料
転職可能エリア 全国ok
管理職への強み ☆☆☆☆☆
公式サイト 詳細

Copyright (C) 2013-2017 管理職転職サイトランキング All Rights Reserved.