30代歓迎の管理職転職

管理職転職TOP >> 条件別の管理職の転職 >> 30代歓迎の管理職転職

30代歓迎の管理職転職

30代で管理職として転職活動をしているという人もいるでしょう。この年代というのは、若手のなかに含まれることもある一方で、後輩社員を指導したり引っ張っていくことが求められる立場となります。そのため、中途で採用する側としても即戦力を求めていることが多いのです。それが管理職としての立場となることもありますし、実績や能力を評価されることになるというわけです。管理職としてよりも、管理職候補としての採用も考えられます。

いずれにしても、やはりそれまでどういったキャリアを積んできたのかが重要なポイントになります。採用する側の評価としても、なにができるのか、会社のなかでどういった貢献ができるのかといった点を見ていると言えます。さらにはじめから管理職として迎え入れる人材を採用するときには、すでに社内にいる人間よりも高い能力が求められていると考えることもできます。そのことを証明するための実績をアピールできるようにしておきましょう。

企業側の社内の人材でもことが足りるような能力では評価してもらうことはできません。ですから、同業種の場合はどれだけの実績や経験、成功事例をアピールできるかが大切ですし、他業種から応募するときには違う視点をアピールしつつ、管理職としての共通する要素で自己PRををしていくのがいいでしょう。なかでも業務遂行能力だけでなく、リーダーシップやマネジメント能力なども重要な要素となってきます。マネージャー資質というのも採用する側が重視する要素なのです。

それまでの管理職としての実績があまりないという人でも、後輩社員との仕事を通して学んだことや、注意していたこと、アドバイスをした経験などが役に立つこともあるでしょう。業種としては、若手の多い新興企業なども30代の管理職経験者を求めていることがあります。ですから、大手だけでなく、中小企業やベンチャー企業の求人もチェックしてみるのがいいでしょう。そのなかで、条件や待遇を比較していくこともできるからです。

30代で管理職として転職を希望しているならば、転職エージェントで条件に見合う求人を見つけるのもいいでしょう。たくさんの求人を扱っているので、そのなかで自分の希望する条件に見合うものを見つけられるチャンスがひろがります。面接対策などをしているサイトもありますし、履歴書や職務経歴書を作成するときのアドバイスをしてくれるサイトもあります。自己PRが苦手だという人は、キャリアコンサルタントに相談をしてみるのもいいでしょう。

管理職の転職は大手サイトが全てフォローします!

リクルートエージェント
利用料金 全て無料
転職可能エリア 全国ok
管理職への強み ☆☆☆☆☆
公式サイト 詳細

Copyright (C) 2013-2018 管理職転職サイトランキング All Rights Reserved.