経理の管理職転職

管理職転職TOP >> 条件別の管理職の転職 >> 経理の管理職転職

経理の管理職転職

転職を希望している人のなかには、経理の管理職として働きたいという人もいるでしょう。経理の仕事というのは、転職をしてキャリアアップをしている人も多い職種だと言えます。ですから、能力次第ではどんどんとステップアップをしていくことができる可能性があるのです。とくに業種に縛られないで転職ができるというメリットがあります。なぜなら、財務諸表や予算のルールというのは統一されており、どの会社でもだいたい同じだからです。

ルールが同じというのは、日本だけでなく世界でも通用するものになります。GAAPという共通ルールがあるので、それに合わせて作業することができれば、同業種、異業種関係なく活躍していくことができるというわけです。ですから、経理の管理職としても30代や40代といった年齢での転職が可能になっているのです。資格としては、まずは簿記3級か2級は持っておいたほうがいいでしょう。あとは作業の進め方に慣れているかどうかによります。

もちろんなかには、簿記の1級を取得しているという人もいるかもしれません。しかし、会社での経理の仕事としては、簿記3級および2級程度でも対応できるものが多いのです。そのため、簿記3級2級レベルの知識と実務経験というものが重要になります。実務経験というのは、仕事の流れを知っているかということです。そのなかで会社にとって有益な仕事ができるかという点も重視されると言っていいでしょう。なぜなら、経理が扱う数字というのは、会社の業績をそのまま表しているからです。

ですから、自分が扱っている数字のなかから、会社にとって有益な情報を取り出す能力や、的確な分析ができる能力なども重要になってくるのです。ほかの部署の仕事をスムーズにするための情報をアウトプットできることが、優秀な経理屋の条件でもあるというわけです。近年では英語力が求められることもあり、TOEICでの高得点が外資系企業への転職を希望するときに有利になることもあります。国内だけでなく外資系の企業も選べるほうが選択肢の幅がひろがります。

経理の管理職としての求人情報を探している人は、転職エージェントを活用するのがいいでしょう。たくさんの求人を扱っているので、そのなかで自分の希望する条件に見合うものを検索していくことができます。相談をしながら就業先を探していきたい人でも、専任のキャリアコンサルタントがつくので安心です。どういったキャリアプランを考えているのかなども伝えていくことができます。採用の際には給与や待遇などの交渉も代行してくれます。

管理職の転職は大手サイトが全てフォローします!

リクルートエージェント
利用料金 全て無料
転職可能エリア 全国ok
管理職への強み ☆☆☆☆☆
公式サイト 詳細

Copyright (C) 2013-2017 管理職転職サイトランキング All Rights Reserved.