育児休暇がとれる管理職転職

管理職転職TOP >> 条件別の管理職の転職 >> 育児休暇がとれる管理職転職

育児休暇がとれる管理職転職

管理職はその役割上、まとまった休みを取りづらいと言われています。特に管理監督者に当たる企業の場合は、一般社員の頃と比べて休日が少なくなることも珍しくはありません。管理職はこのようなデメリットもありますが、逆に育児休暇のような長期休暇制度を設けている企業も多数あります。管理職へと転職後、子供ができた時のことを考えると、育児休暇は魅力的な制度と言えるでしょう。

育児休暇の期間は子供が1歳を迎えるまでで、特別な事情がある場合は1年6ヶ月まで延長できると定められています。子供1人につき1回のみ取得が可能な制度ですが、企業によっては独自に期間を延長していたり、子供の病気・怪我などに備えて独自の休暇制度を設けていることもあります。育児休暇は労働基準法の規定に含まれていないことから、一般社員と同じ扱いの管理職はもちろんのこと、管理監督者に当たる場合でも取得することが可能です。取得するに当たっては、管理職の区分は影響しませんので、将来的に子育てする予定がある方は、育児休暇を取得できる求人を探すと良いでしょう。

ただし、育児休暇は企業によって扱いが大きく異なります。育児休暇制度を導入している企業は一般的ですが、制度はあるものの取得実績が無い企業や、労使協定によって別途対応する企業もあります。このため、企業ごとに扱いが様変わりしますので、求人に記載されていなかった場合は問い合わせてみると良いでしょう。

特に確認しておきたいのが育児休暇の取得実績です。育児休暇があっても、人手不足などから制度を利用しづらい企業も中にはあります。特に管理職に関しては立場上、様々な業務や部署の管理などを任されることから、育児休暇を利用しづらい企業も少なくありません。しかし、子育てのことを考えると、取得しやすい企業を選ぶことが大切です。管理職の求人を見つける際も、育児休暇取得実績がある企業か、実績を公開している企業を探してみると良いでしょう。

育児休暇を利用する際は、同一の企業で1年間以上勤務している必要があります。管理職として転職後すぐには利用できず、取得が可能になるのは最低でも1年後なので注意しておきましょう。また、育児休暇中に支給される賃金は企業により異なります。雇用保険から育児休業給付金が支給される場合もある一方で、月額賃金の一定割合が企業から支払われる場合もあります。賃金の扱いはその企業次第ですので、なるべく求人への応募前に確認しておきましょう。

管理職の転職は大手サイトが全てフォローします!

リクルートエージェント
利用料金 全て無料
転職可能エリア 全国ok
管理職への強み ☆☆☆☆☆
公式サイト 詳細

Copyright (C) 2013-2018 管理職転職サイトランキング All Rights Reserved.