英語が活きる管理職転職

管理職転職TOP >> 条件別の管理職の転職 >> 英語が活きる管理職転職

英語が活きる管理職転職

管理職としての転職を希望している人のなかには、自分の英語力を活かして仕事をしていきたいという人もいるでしょう。外資系企業の進出や国内企業のグローバル化など、英語を活かすことができる職場も増えてきています。とくにグローバル企業などでは中途採用の際には必須にもなってきているケースもあります。そういったことを考えると、まったく苦手で話せないという人よりも大きなアドバンテージとなりますし、選択肢の幅も広がるというわけです。

どういった企業で働くことが考えられるかというと、やはりまずは外資系の企業があげられます。しかし、なかには日本支社は日本人だけで独立性があるという会社も存在します。そういったところでは英語力よりも実務能力や実績のほうを重視することもあるでしょう。そのなかで管理職となると海外本社の人間と接する機会も想定されることもあるので、やはりビジネスで使える程度の語学力が求められることもあるでしょう。

また、貿易関連会社なども英語力が求められる業種の1つです。直接話をするだけでなく、文書のやりとりをすることもあります。ですから、英語の文章力や読解力も欠かせないのだというわけです。もちろん、メーカーや商社などでも同じです。海外との結びつきが強い企業ほど、採用の際には語学力が求められることになります。最初からTOEICで何点以上というように応募の基準が提示されていることもあるので、試験を受けておくべきだと言えます。

単に英語を話せますというのではなく、客観的にその能力を評価できる資格を持っておいたほうが有利なのだというわけです。高い給与や待遇の良さを転職のときに求めているという人は、語学力を磨いておくのがいいでしょう。実際に転職に成功した人のなかには、外資系企業で働くことになったときに同じ職種でも給与が3割ほど上がったというケースもあるからです。これは、外資系企業が優秀な人材を確保するために日本企業よりも高待遇で採用しているからなのです。

管理職として転職活動をしているという人は、自分で求人情報を探していくだけでなく、転職エージェントのサービスを活用していくのがいいでしょう。自分が希望する条件に見合う求人を検索したり、キャリアコンサルタントに紹介してもらうことができます。ですから、英語力が活かせる仕事をしたいという希望に見合う就業先を見つけることができるチャンスが広がるというわけです。自己PRの仕方などもアドバイスしてくれるでしょう。

管理職の転職は大手サイトが全てフォローします!

リクルートエージェント
利用料金 全て無料
転職可能エリア 全国ok
管理職への強み ☆☆☆☆☆
公式サイト 詳細

Copyright (C) 2013-2018 管理職転職サイトランキング All Rights Reserved.