外資系企業の管理職転職

管理職転職TOP >> 条件別の管理職の転職 >> 外資系企業の管理職転職

外資系企業の管理職転職

グローバル化が進んだ現在では、様々な外資系企業が日本へ進出しています。グローバル展開している外資系は様々な強みを持っており、ステップアップやキャリアアップを考えている方には最適な選択肢と言えます。事業拡大のために管理職を募集している外資系企業も多くあるため、管理職への転職を考えている方も候補に入れてみると良いでしょう。

外資系企業の管理職へ転職するメリットは、実力次第ですぐにキャリアアップが可能な点です。最初は管理職として働き始め、数年で幹部クラスにまで昇進することも決して不可能ではありません。何故なら、外資系企業の多くは実力主義であり、年齢に関わらず、各従業員の実力・実績を重視しているからです。日本の企業は年功序列を重視する場合も多いことから、将来的なキャリアアップを考えている方に最適と言えるでしょう。このため、管理職としての実績が高く評価されれば、より上のキャリアへと昇進することが可能になります。逆に言えば、ライバルも決して少なくはありませんので、競争に勝ち抜ける実力が必要です。

また、外資系は実力主義が多いことから、更にスキルを磨きたい方にも向いているでしょう。外資系では向上心を持たなければ、上を目指すことは難しいため、モチベーションが高く、スキル磨きに力を入れている社員も少なくありません。常に切磋琢磨しているビジネスパーソンを始め、周囲から学べることは非常に多くあります。管理職として働く場合、様々な社員と触れ合いますので、コミュンケーションを通じてスキルを身につけることも不可能ではありません。

外資系は様々な取引先・人物とビジネス上の関係を持つこともあるため、人脈形成や横の繋がりを広げることもできます。特に管理職は立場上、日々取引先との商談や接待、会議などに参加しますので、人脈の形成も決して難しくはないのです。仕事を通じて人脈を広げたい方はもちろん、業種を問わず多様な繋がりを持ちたい方にとっては、大きな魅力となるでしょう。

日系企業より給与が恵まれていることも珍しくありません。外資系は実力を持つ人材を高く評価する傾向があり、実力に見合った給与を支給しています。管理職の場合、日系企業と比べて給与水準が高く、同業種で比較しても年収に差が付くのです。実力主義を採用している日系企業も給与の基準が高い場合がありますが、年収アップを転職の目的とするなら、外資系の管理職も検討してみると良いでしょう。

管理職の転職は大手サイトが全てフォローします!

リクルートエージェント
利用料金 全て無料
転職可能エリア 全国ok
管理職への強み ☆☆☆☆☆
公式サイト 詳細

Copyright (C) 2013-2017 管理職転職サイトランキング All Rights Reserved.