残業が少ない管理職転職

管理職転職TOP >> 条件別の管理職の転職 >> 残業が少ない管理職転職

残業が少ない管理職転職

転職を希望している人のなかには、管理職として採用してもらえるものを探している人もいるでしょう。そのときに、いろいろな条件にこだわって求人情報を探すという人もいるはずです。たとえば、残業が少ない職場を希望しているという人もいるのではないでしょうか。とくにそれまで働いていた職場の労働条件によっては、残業が転職理由になっているという人もいるかもしれません。毎月の残業時間があきらかに平均よりも多いケースがあるからです。

残業代が別に支払われるのならばモチベーションも違うのだという人もいるかもしれませんが、なかには大半がサービス残業になっているというケースもあります。そうなると体力的な負担も大きくなりますし、転職して職場を変えたいと考える人もいるでしょう。ですから、新しい職場を探すときに残業の有無や時間数についてチェックしておきたいというわけです。働き始めてからサービス残業ばかりだったということのないようにしたいものなのです。

残業をすることになると自分のプライベートタイムがどんどんと少なくなってしまいます。家族がいる人ならば、家族と一緒に過ごす時間が減っていきますし、自分の能力を磨くために習い事をしているという人もいるでしょう。英会話学校に通うというケースもありますし、資格取得のための講座を受講しているというケースも考えられます。残業ばかりだとそういったスキルアップやスッテプアップのための時間の使い方もできなくなるのだというわけです。

もちろん、管理職として働くことになれば、責任のある立場として若手社員を指導したり引っ張っていく役割があります。とくに中途採用の場合は自分のことを認めてもらうために率先して仕事をしていくということも考えられるでしょう。そういったなかで残業時間が増えてしまうということも考えられます。ですから、応募しようとしている企業の風土や雰囲気なども事前に知っておくのが大切です。定時に帰ることを推奨している会社もなかにはあるからです。

そういった社内の様子などは、転職エージェントのキャリアコンサルタントなどに相談をすることで知ることができるケースもあります。予備知識なしで応募して採用されたときに、考えていた労働条件と違ったということも考えられます。そういったギャップが生まれないようにするためにも、事前に情報収集をしておくことが重要になるのです。残業が少ない職場を希望しているならば、そのことをキャリアコンサルタントに伝えておくのがいいでしょう。

管理職の転職は大手サイトが全てフォローします!

リクルートエージェント
利用料金 全て無料
転職可能エリア 全国ok
管理職への強み ☆☆☆☆☆
公式サイト 詳細

Copyright (C) 2013-2017 管理職転職サイトランキング All Rights Reserved.