有給休暇がとれる管理職転職

管理職転職TOP >> 条件別の管理職の転職 >> 有給休暇がとれる管理職転職

有給休暇がとれる管理職転職

管理職の転職を希望している人のなかには、有給休暇が取りやすい職場を探しているという人もいるでしょう。有給休暇というのは、どの企業でも用意されているものですが、実際には積極的に取得できるところと、あまり休みをとれる雰囲気ではないところがあります。ですから、せっかくの権利として持っていても利用することができないこともあるのです。プライベートや自分の時間を大切にしたいという人にとっては大きな問題となります。

労働基準法では、労働者が6ヶ月以上働いて、労働日の8割以上に勤務していたときに生じる休暇になります。会社として認めなければいけない日数として、年間10日間というのが最低条件になっているのです。会社によってはそれ以上の日数が用意されていることもあります。それでも、この日数をまったく使わないという人も多くいます。仕事優先の日本人的な考え方ですが、ワーカホリックという言葉があるように、休みをとらずに働く風土や雰囲気になっている職場もあるのです。

実際の調査結果を見てみても、休暇を取りやすい職場とほとんどとっていない職場があることがわかります。年間の有給休暇の使用日数で1番多いのは1〜5日で、これは急病や急用などで使用したケースだと考えられます。実際の休暇として自分の余暇のために消費するという文化を持っていない職場もまだまだ多くあるのだというわけです。厚生労働省の調査結果でも、有給休暇自体の平均は約18日となっていますが、実際の取得日数は9日を下回っている状態なのです。

これは消化率が5割を切っている数字となります。そのことからも休みがとりにくい環境が多いということがわかります。なかでも管理職の場合は社内でも上と下のパイプ役として休めない立場となっていることも考えられます。そういった点を考えると、会社側が積極的に有給休暇の取得を推奨している職場などを探すというのも1つの方法になります。休みをとりやすい雰囲気があれば、気兼ねなく余暇に使うこともできるからです。

もちろん、仕事量が多いととりたくてもとれないというケースもあるでしょう。ですから、事前にどういった職場で、有給休暇がとりやすい環境かどうかを調べておく必要があります。そのときに役に立つのが転職エージェントです。キャリアコンサルタントに相談ができるので、そのなかで職場の雰囲気や会社の風土なども教えてもらうこともできるでしょう。実際に採用されたときにも、給与や待遇などの労働条件の交渉も代行してくれるのです。

管理職の転職は大手サイトが全てフォローします!

リクルートエージェント
利用料金 全て無料
転職可能エリア 全国ok
管理職への強み ☆☆☆☆☆
公式サイト 詳細

Copyright (C) 2013-2018 管理職転職サイトランキング All Rights Reserved.